腰痛マットレスで腰痛の悩みを解消

腰痛改善対策としてマットレスを活用しよう

腰痛を引き起こす原因とは

腰痛とは読んで字の如く、腰に感じる痛みや張りなどの不快な症状のことを指します。腰痛は高齢者に多い病気という先入観がありますが、医学上において腰痛という病名は存在していません。

ちょっとしたきっかけがあれば、高齢者に限らず、10代・20代の若い人でも、腰痛になる可能性は十分にあります。現時点において、腰痛の症状が出ている人は、日本国内で約3000万人にも達すると言われています。3000万人と言えば、日本の総人口が約1億2000万人ですから、単純計算でおよそ全人口の4分の1の人が腰痛にかかっていることとなります。

それでは、いったい何がきっかけで腰痛の症状を引き起こすのか、その原因について考察していきたいと思います。腰痛の原因を特定するのは実に難しく、原因不明の腰痛を患っている人は全体のうち約85%にも相当します。

つまり、腰痛の症状を抱える人が100人いるとしたら、そのうちの85人は原因不明ということになります。

腰痛の症状をともなう疾患とは

腰痛の症状をともなう疾患として、その代表的な病名を挙げると、腰椎椎間板ヘルニア腰部脊柱管狭窄症急性腰痛などがあります。

急性腰痛とはわかりやすく言えば、急に腰の痛みが発生するぎっくり腰のことを指します。重い荷物を運んだり、後ろにのけぞったり前かがみになるなど、不自然な姿勢をとって腰に大きな刺激を与えることで、腰の筋肉や腰椎の部分にダメージを与えることが原因で、ぎっくり腰になるケースも多いです。普段から姿勢が悪い人、激しい運動をする人は腰痛になりやすいので注意が必要です。

スポーツをしていて、腰をひねったりジャンプを複数回繰り返すことで腰痛に大きな負担がかかり、腰痛分離症を引き起こすこともあります。腰痛にかかると、症状が完治するまでには時間がかかります。整形外科クリニックに通院して適切な治療を受け、時にはリハビリが必要になることもあるでしょう。

腰痛の症状を軽減させる対策のひとつとして、腰痛マットレスを使う方法もあります。