腰痛マットレスの重要性

健康な体を維持していくには良い寝具が必要

腰痛マットレスが必要な理由とは

わたしたち人間の体はとてもデリケートにできています。普段から健康で飛ぶ・跳ねる・歩く・走るといった動作が普通に出来る人でも、ある日突然腰痛の症状に悩まされることも少なくありません。

腰痛は今や国民病と言っても良いほどのレベルで、10人のうち8人が一生の中で腰痛を1回以上は経験していると言われています。腰痛の症状がひどい場合は、歩く・立つ・座るといった日常的な動作すら困難になることもあるでしょう。腰痛の症状を悪化させないための対策のひとつとして、腰痛マットレスを活用する方法もあります。姿勢が悪い人は腰痛になりやすいと言われており、腰痛と姿勢は深い関係があります。

さらに、健康な体を維持していくには良い寝具を選ぶことも重要です。そのような背景から、腰痛の症状を軽減させるための対策として、腰痛マットレスを使うことをおすすめします。腰痛マットレスは、通常のマットレスと同様に、ベッドや敷き布団の上または下に置いて使います。

適度な硬さと弾力性に富み、抵抗力がありますので、わたしたち人間の体に自然になじみやすいです。

腰痛マットレスの種類

わたしたち人間は1日24時間のうち、7時間から8時間程度の時間を睡眠に充てています。1日の3分の1の時間は寝て過ごすわけですから、健康な体を維持していくためには寝具選びが極めて重要となります。

質の悪い寝具を使い続けている場合は、睡眠の質も悪くなり、心身の健康にも悪い影響を及ぼすリスクも生じます。逆に言えば、体に自然にフィットする良い寝具を使い続けていれば、心身ともに健やかでいられることでしょう。それでは、腰痛マットレスにはどのような種類のものがあるのでしょうか。

腰痛マットレスには、主にコイルマットレス・ウレタンマットレス・ファイバーマットレスなどがあります。コイルマットレスのことをスプリングマットレスとも言い、20センチ程度の厚みのあるバネの役割をするコイルがマットレスの中に入っています。適度な弾力性と抵抗力があり、大切に使っていれば10年以上長持ちすることも多いです。

ファイバーマットレスは3種類の腰痛マットレスの中でもっとも軽量で薄く、水洗いもできるタイプです。ウレタンマットレスは、クッション性に富んだウレタンの素材がふんだんに使われた腰痛マットレスです。