腰痛マットレスの選び方

寝具のタイプやサイズに合う腰痛マットレスを選ぶ

腰痛マットレスの硬さに着目

「腰痛マットレスをぜひ使ってみたい」と思ってはいても、どのようなタイプのものを選んだら良いのか迷う方も多いのではないでしょうか。腰痛マットレスを購入する前に、まずはサイズ選びから始めましょう。

腰痛マットレスのサイズは、シングル・セミダブル・ダブル・クイーン・キング・ロングなどのサイズ展開がありますが、メーカーによってもそれぞれ違いがあります。普段使っている寝具によっても、腰痛マットレスの選び方が変わってきます。毎日ベッドで寝る人もいれば、畳に布団を敷いて寝る人もいます。購入前に必ずサイズを確認して、普段使っている寝具のサイズに合うタイプのものを選びましょう。次に、腰痛マットレスの硬さに着目してみましょう。腰痛マットレスを選ぶ際には、どのような硬さが自分に適しているのか慎重に判断する必要があります。

ある程度、体が沈み込むような柔軟性を求める方は、低反発性のウレタンマットレスが適しています。寝る時によく寝返りをうつ人や、横に向いて寝ることが多い方には、低反発性のウレタンマットレスがおすすめです。

一方、柔軟性よりも硬さを重視する方には、高反発性のウレタンマットレスが最適です。

腰痛マットレスの厚さ

次に、腰痛マットレスの厚さについて着目してみましょう。腰痛マットレスでもっとも薄いタイプだと厚さが10センチ以下のものもあります。マットレスの厚さが10センチ以下の場合は、単独での使用には適していません。

薄手の腰痛マットレスは他の布団と合わせて使うのが一般的です。もっともポピュラーなタイプは、厚さが10センチ以上15センチ以下の腰痛マットレスです。使いやすく、収納もしやすいのでおすすめです。とくにウレタンマットレスでは、15センチから20センチ程度の厚さのものが多いです。

もっとも厚みがあるのがスプリングマットレスで、20センチから30センチ程度の厚みがあります。体重が重い人や肥満の人は、20センチ以上のスプリングマットレスの方が適しています。マットレスに使われる素材や厚さによっても、弾力性や反発力にはそれぞれ違いがあります。

腰痛マットレスを購入する前に、実際に商品を見て手に触れて、弾力性や質感を確認しましょう。